自然と人のダイアローグ ~国立西洋美術館~

19世紀後半、印象派の画家たちはイーゼルを外に持ち出し、光と影の織り成す自然美をモチーフに創作を始める。それは海だったり森だったり山だったり。パステルカラーで華やかで美しいことは共通している。時には、人々が町の中心部に繰り出しての豪華な宴の情景だったり、郊外での日光欲だったりもモチーフとなった。

ウジェーヌ・ブーダン
《トルーヴィルの浜》

その男はタヒチにいた。都会の喧騒や因習に嫌気がさし、大らかな環境に身を置いてミクロネシアの女性を描くことに没頭した。痛い程の陽光を浴び、魚を釣り、フルーツを貪り、ゆったりとした暮らしを送る褐色の肌の女を大胆で力強い輪郭で描き上げる。光が有れば影が出来る。まだらな粘土質の壁が淫靡な半裸の女を浮きあがらせる。

ポール・ゴーガン
《扇を持つ娘》

印象派の作品中心にして、自然との対話をメインテーマにした企画展。バラエティに富んで、少しも飽きさせない味付けは秀逸。すさんだ世の中に有って、ひと時の安らぎと幸福感を与えてくれる。