国宝東寺 空海と仏像曼荼羅

国立博物館で『国宝東寺 空海と仏像曼荼羅』展を見て来ました。
巨大な空海の木像に迎えられ、京都で一番好きな寺院である東寺と私の崇拝する空海との至高のコラボへと足を踏み入れたのでした。
言わずと知れた書の大家、空海直筆の手紙など書物がずらーっと並べられ、それを食い入るように見つめる人の層が玉ねぎのように連なり見えない。
この手の展示はおじいちゃんおばあちゃんが多いので、進むのが遅いんですよね。突然後ずさりする人とかいておっとっとみたいな事もあり疲れます。
予想通りの単調な展示で飽きてきたところで、巨大なタペストリーが現ます。『胎蔵界曼荼羅』の実物大。と言うか実物ですか・・・。

2部(大雑把には2部構成)では、東寺が誇る仏像群のオールスターメンバーが力強さと美しさの競演です。大日如来こそお留守番ですが、金剛力士像をはじめ殆どの像を拝め幸せな気持ちになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

東京競馬場

次の記事

今週の為替相場予測